熊本旅行

〜その1〜





今から3年ほど前の事・・・。

それは
私がHPを始めて一年ほど経った頃の事なんだけど

いつも家のBBSに遊びに来てくれていた
ももママが

「東京に一度遊びに行きたいな〜。」
なんて、時々カキコミをしてくれていたのよね。

で、10月のある日

「シャンパパが出張でいないし、
良かったら家に遊びに来ませんか?」

と私が声をかけ
結局、ごんママと二人を我家にお誘いしたのが

私たちにとって初めての「オフ会」だったの。


BBSでは毎日のようにおしゃべりはしていたものの
会うのは勿論初めてだったのよね。




今でも皆で思い出しては笑い話なんだけど

「ホントに、あの時は良く見も知らぬ人のとこに泊ったりしたものだわ。

主人なんて
「そんな知らない人の家に泊って

若し、夜中に突然“金を出せ!”
なんて脅かされたらどうするんだ。

なんて言ったものよ。」

と、ももママ・・・。


これには三人で大笑い!

尤も私だって
自宅に人を呼んで強盗はしないと思うけどね〜。
(≧∇≦)ぶっ!


「家だって、そんな知らない人のとこに泊めて貰うなんて・・・
って、主人に言われたわよ。

で、あの時はどうしようかと随分迷ったけど
行って本当に良かったわ。
若し断っていたら、こうして又楽しい再会も無かったし

お陰様で私の人生も変わったような気がするのよね。」

と、ごんママ。


ホントにそうだよね〜。

シャンパパだって
「ボクのいない時に、会った事も無い人たちを家に泊めて大丈夫?」

と随分心配したもの〜。




それが、

翌年には、はなちゃんと「大阪・神戸」に行って
沢山のネット友達と会ったり
ももママとも再会・・・。

今年はももママが又東京に来てくれたし、

ももママとは毎年のように会っているんだものね。
HPを始めた頃には考えられない事だわ〜。





そして今回の「熊本行き」となったのだけど
問題は「お天気」なのよね。

九州は「梅雨」の真っ只中。

熊本では連日「大雨、洪水注意報」が出ていて

出発の数日前には、土砂崩れで死者まで出たというじゃないの〜。

さすがに「晴れ女」の私も
「今度ばかりはダメかな〜。」

と思ったわ。





予定の2日前の天気予報も「大雨」だという事で

ごんママ、ももママと延期にしようかと相談したりもしたんだけど

又、改めて三人のスケジュールを立て直すのは
難しい・・・。

という事で

「飛行機さえ飛んだら熊本に行き、
大雨だったら、三人でホテルでおしゃべりでもしていても良いよね。」

という事になったの。


当日の予報も、やはり
熊本地方は70パーセントの確率で「雨」

それも「大雨・洪水注意報」付きね〜。
(>_<)




ちなみに東京は殆ど雨は降っていなくて
飛行機は予定通り、午前8時過ぎに出発したの。


そして約1時間半後・・・

飛行機は熊本空港に着陸態勢に入り

心配しながら、恐る恐る窓から下を見てみると・・・





何と何と!

殆ど晴れているじゃないの〜!
\(◎o◎)/!





荷物を受け取って出口に向かうと

一足先に着いたももママと、迎えに来てくれたごんママが
ニコニコしながら待っていてくれたのでした。

ごんママは
3年前に会った時よりも、更に若返った感じで
とっても可愛かったわ〜。
(*^^)v

そのごんママが

「あのね、夕べまでこっちは凄い大雨だったのよ。

それで主人と
やっぱり明日は雨だね。

なんて言っていて
今朝、起きてみたら殆ど曇りというより晴れてるのよ。
ビックリしちゃったわ。

やっぱりシャンママの晴れ女パワーは凄いわ。」


ほら、見てよ〜、この青空!





そして

すぐにごんママの車で「
黒川温泉」に向かったのでした。

途中、ごんママが
一度行ってみたいと思っていたという
「ドイツ料理」のレストランでランチね〜。


   


  



そして、暫くドライブし

かぶと岩展望台」からの眺めです。

素晴らしいでしょう?

でもって
少し爽やかな風が有って、涼しいの〜。

「まるで北海道みたいだね〜。」

なんて、三人で大喜び!





 



そして更にドライブする事30分ほど・・・

ようやくこの日の宿泊先
「黒川温泉」の「
樹やしき」に到着です。
            (↑ここをクリックして見てね)

室内はHPの「離れ」の方を見てね〜。





カッチョ良いでそ?
(^^)v


こんな露天風呂もそれぞれのお部屋についているんだよ〜。








お夕食は「6時半」にして頂いて

暫く「黒川温泉」の街中をお散歩する事にしました。





   


   


   


  



そして楽しみにしていた「お夕食」です。


ジャ〜〜〜ン!


こんなだよ〜。





   


   


   


   


   





   



どうする〜?

こんなに食べ切れると思う〜?

どれも素晴らしく美味しかったんだけど
さすがに女性三人で完食は無理!


で、後から出てきたご飯やお新香と
食べられなかった「ホタテ」と「焼き魚」を
お夜食として部屋に持ち帰ったのでした。


でも、やはりこの夜は食べられず
ちゃっかり翌日の「ランチ」と相成ったのでございました。


続く・・・。